事業案内

Business

グループ経営

グループ経営

グループ各社が実施する各事業や臨海地域のエリアマネジメントの取組を効率的に実施するためには、経営目標・経営評価や内部監査等の制度を通じたグループ各社の緊密・適切な連携はもとより、グループ各社の余剰資金や東京都からの借入金によるグループファイナンスの活用や、「東京お台場.net」「東京お台場FreeWiFi」の活用による積極的な広報展開などの取組が必要です。

株式会社東京臨海ホールディングスでは、持株会社として、経営管理に係る諸制度を適切に運用し、資金効率の向上や人的資源の有効活用により、グループ全体の経営資源の適正な配分やグループ各社の企業価値の増大を図っていきます。

  • 関連事業会社

  • 株式会社東京臨海ホールディングス

熱供給事業・施設管理事業

熱供給事業・施設管理事業

熱供給事業は、環境保全・省エネルギー等、多くの利点がある地域冷暖房システムを運用し、臨海地域における基盤施設として重要な役割を果たしています。今後も、熱供給事業法改正による規制緩和、需要家の省エネへの取組による熱需要の長期的減少、エネルギー価格の高騰等の経営環境の変化に適切に対応し、地域冷暖房システムを効率的・安定的に運用していきます。

施設管理事業は、地域のライフラインである共同溝や海上公園等の適切な管理運営により、快適・便利な都市空間の維持に貢献しています。今後もスポーツ・レクリエーションゾーンとしての公園管理など安全で魅力的な都市空間を形成していきます。

交通事業

交通事業

交通事業は、都心部と臨海地域を結ぶ重要な交通アクセスとしての役割を担っており、開業以来、公共交通機関として安全で快適な運行を継続しています。今後も安全安心・安定運行という責務を果たしつつも、多言語案内表示などハード・ソフトにわたるサービス全般を向上させていきます。

ビル事業

ビル事業

ビル事業は、臨海地域でのオフィスの提供を通じて、まちづくりの先導的役割を果たしてきました。
今後も計画的な修繕・投資を実施することでビルの商品価値の維持・向上を図るとともに、テナントへのサービス向上やより多くの企業を対象とした営業活動に取り組むことにより、安定的な収益確保と、多様な企業集積拠点としての臨海地域の魅力・活力の向上に寄与していきます。

展示会事業

展示会事業

展示会事業は、年間1,500 万人を超える来場者がある等、臨海地域の発展に貢献するとともに、経済全般の活性化や産業振興に寄与しています。今後は更なる「安全・安心・快適」な施設の提供を通じ、社会に貢献する役割を着実に果たしていきます。

埠頭事業

埠頭事業

埠頭事業は、東京港の主要な外貿埠頭である大井・青海・品川のコンテナターミナルを一元的に管理運営し、首都圏4千万人の生活と産業を支える重要な役割を果たしています。今後は東京港が首都圏の物流基地としてだけでなく、世界のリーディングポートとして重要な役割を担うとともに、多くの人々に親しまれ憩いのある水辺の都市空間として発展するよう多角的・先進的な港湾運営を行っていきます。

背景オーバーレイ